心のケア(色彩セラピー)

オアーゼ 自由アトリエ 春の特別企画

「癒しの土偶作りワークショップ」

 お知らせ
土偶作りワークショップへの参加をありがとうございました。参加費はすべて東日本震災で被災した方々のアートによる心のケアを目的としたボランティア活動を行う「アート&セラピー協会東日本支援クレヨンネット」に寄付させて頂きました。

土ねんどは、子供の頃夢中になった泥んこ遊びを思い出す、素朴でなつかしい、そしてパワーのある素材です。無心にこねていると子供の頃どころか、もっともっと大昔もしかしたら縄文時代の記憶が蘇ってくるかもしれません! というのはおおげさかもしれませんが、土偶作りをしていると、不思議と穏やかなエネルギーに満たされて、自分の手のなかから生まれてくる土偶にとても癒されます。

もともと土偶は縄文時代におもに祭祀の道具として、つまりは祈りの形として生み出されたものといわれています。縄文の土偶たちはひとつひとつ個性にあふれ存在感があります。それは作る人がそれぞれに思いを込め、祈りを込めて作ったからなのでしょう。複雑で忙しくストレスの多い現代社会に生きる私たちにとって、素朴な土に無心で向かう土偶作りは、きっと意味深い体験になると思います。 自分自身のなかからどんな土偶さんが生まれてくるのか、是非楽しみましょう!!

また、この企画はヨガとのコラボ企画です ( 名づけて「縄文の日」! )。14:00 から 15:30 までヨガインストラクター石田涼子さんによる東洋医学五行 「土」 のエネルギーをテーマにしたヨガを行います。お時間のある方は、是非このヨガで心身をほぐしてから、土偶作りに参加することをおススメします。

初めての方も大歓迎です。気軽にご参加下さい。参加希望の方は、アトリエ申込みフォーム または電話にてお申し込み下さい。

◇ 日     時
2011年3月26日(土) 15:30 ~ 17:30
(ヨガに参加する方は14:00 ~)
◇ 場     所
藤沢市朝日町9-8 第一鈴重ビル 2 階
心とからだのケアスペース オアーゼ 内
◇ 参 加 費
2,000円 (ヨガと両方参加する方は 4,000円)
◇ 持 ち 物
エプロン(あるいは汚れてもよい服)、タオル、作品を持ち帰るための土偶さんを包む布やタオル、袋
◇ 申 込 み
希代子 (ムラジ キヨコ)
アトリエ申込みフォーム または tel: 0466-23-0281
「縄文の日」 の案内チラシ  もご覧ください。

ヨガで行う土のエネルギーとは?

東洋医学にある木火土金水の五行の土のエネルギー (家穡かしょく―土は種を蒔けば収穫できることから、ものを受けたり (受納)、成長・進化生成するという性質や現象を持つものが土に属される。)をからだで感じるようなプログラムをしていきます。

自由アトリエ主宰、連さんに訊く!癒しの土偶つくりとは?

『土偶を作るとは』どんなテーマがあるものですか?
土を捏ねていると頭の回路を通さずに、感覚的に自分の奥深くにあるエネルギーに繋がることができるように思います。土偶さんはいつも手のなかから勝手に生まれてくるのです。頭の回路を通さないということが大事なんだと思います。そのあたりが絵を描くこととちょっと違うかも。
癒しの土偶さんを作ると、どんな感じになりますか?
だんだん人型になっていくにつれて愛おしい感じになり、心が穏やかになり自分で生み出したものに癒されます。
参加者に何を感じてもらえたら嬉しいですか?
土粘土を捏ねるという素朴な行為をとにかく楽しんで、自分の手のなかから生まれてきたものに喜びを感じてくれたら嬉しいです。
自由アトリエ 土偶さん 自由アトリエ 土偶さん02

当日の作品は photo gallery のページでご覧になれます。