コラム : 相談室の窓辺から

  1. Home >
  2. コラムのトップへ >
  3. 心の弾力Ⅱ

心の弾力Ⅱ 2008.12.27

心をゴムでできた風船にたとえます。理不尽なことがあれば誰でも「怒り」を感じるでしょう。理不尽な出来事が外側からやってきました。あなたの風船はどう対応しますか?

Aは「私がいけなかった」「私の性格のせいだ」などと、自分が悪いと思いやすい心のクセです。周りの人にとっては「いい人」かもしれませんが、自分自身はいつも自分をダメだと思い、ウツウツとしてしまいます。

Bは「何で!」「何あの人、ひどいじゃない!」と相手のせいにして、不満や怒りをすぐに表現する心のクセです。率直で心に溜め込まない性格ですが、周りの人にしてみるといつも怒られている感じかもしれません。

心の弾力
Aがそのまま進んでいくと、aのように小さく縮こまり、うつ病、うつ状態といった心の病気になって行くかもしれません。また、bのようにちょっとしたことがきっかけになって怒りの大爆発がおこるかもしれません。そして怒った自分を受け入れられず、やはりaと同じようにうつ状態に陥ってしまうことがあります。

カウンセリングの中で多くの方とお話をしてきて、AかBのどちらかの傾向が人にはあるように感じました。ですから最初、理不尽な出来事、不快な出来事の原因は、自分のせいが 1/2、相手のせいが 1/2 と思ったらどうかとお話してきました。

けれどもカウンセリングをしていると、その出来事がその時起こったということは、自分のあり方を考えたり、良い方向に向かうためのターニングポイントになっていることに段々と気付き、出来事には 「天の采配」 のようなものも働いているように感じてきました。

今は 「その出来事は、自分のせいが 1/3、相手のせいが 1/3、よくわからないけれど天の采配のような力が 1/3 」と考えたらどうかと、来談者の方にお話しします。皆さん「そう考えると気が楽になった」と言われて、辛い出来事、不快な出来事を良い方向に向けていくよう向き合い始めます。